横浜・川崎のポンプ修理・交換、貯水槽の清掃・管理なら

0120-24-8909

緑区で浅井戸ポンプ交換をおこないました

旧ポンプです、左手に貯水槽があります。この貯水槽からポンプで加圧して各戸へ給水しています。

今回は横浜市緑区で浅井戸ポンプの交換をいたしました。

現場は4F建てのビル。貯水槽を使用した定圧給水方式で旧ポンプは川本ポンプの32KNB405A2.2でした。
今回は荏原製作所の浅井戸ポンプ(家庭用ポンプ)32HPE0.75に交換。

浅井戸ポンプは井戸からの給水だけではなく、受水槽との組み合せによる水道加圧用としても使用し、
しくみとしては受水槽からポンプによって各戸へ給水する方式です。
よくマンションなどで使われる給水ユニットを浅井戸ポンプに変更したもので加圧給水方式といいます。
加圧給水方式で用いられる加圧ポンプには下記があります。

  • 1.減圧弁方式(高い水圧を低い水圧に制御する弁)
  • 2.インバータ制御方式(速度制御)

1.は吐き出し圧力が一定となりますが、故障すると水圧が不安定になることもあり、減圧弁のメンテナンスが必要となります。
2.はインバ-タ等によりポンプ回転数を制御することで電力消費を削減でき、また給水流量や圧力を調整することで節水など省エネ効果があります。
また、減圧弁方式より運転音も小さく、最近の主流となっています。
今回使用した32HPE0.75もインバータ制御方式のポンプとなります。
では作業を見てみましょう。

旧ポンプです、左手に貯水槽があります。この貯水槽からポンプで加圧して各戸へ給水しています。

旧ポンプです、左手に貯水槽があります。この貯水槽からポンプで加圧して各戸へ給水しています。

旧ポンプを撤去し、新ポンプに合うよう配管の位置を直していきます。

旧ポンプを撤去し、新ポンプに合うよう配管の位置を直していきます。

これが古いポンプ。

これが取り外した古いポンプ。

ポンプを設置。

ポンプを設置。

配管を結び直していきます。

配管を結び直していきます。

保温材を巻いたら終了です。

保温材を巻いたら終了です。

おおよそ4時間程度の作業でした。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 横浜・川崎サービス対応エリア

    23区イメージ

    横浜市
    青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区・瀬谷区・都筑区・鶴見区 戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区

    川崎市
    麻生区・川崎区・幸区・高津区・多摩区・中原区・宮前区

  • オーナー・管理者様

    オーナー・管理者様

  • 会社概要

    会社概要

  • お問い合わせ

    お問い合わせ

0120248909

上に戻る
0120-24-8909

横浜本社
〒236-0051 横浜市金沢区富岡東3-12-8
東京営業所
〒152-0002 東京都目黒区目黒本町2-24-6

ビル設備365は横浜・川崎をカバーしています。
ポンプや貯水槽のトラブル・管理などご相談がありましたら、ビル設備365までお電話ください。スタッフが現地調査にお伺いし、お客様に最適なお見積もりをご提示いたします。現地調査・お見積もりは無料となっております。

© 2017 ビル設備365【横浜・川崎】. All rights reserved.. All rights reserved. Theme Design by Garage-Labo