【横浜市 鶴見区】マンションのトイレリフォーム

神奈川県横浜市鶴見区にある築年数が30年を超えたマンションのトイレをリフォームさせていただきました。
お客様からのご依頼によると、トイレ室内の床が腐食によるものか、便器がグラつくとのこと。
現場は7階のため、このままでは階下の部屋へ漏水の恐れがあります。

トイレ
今回リフォーム施工するトイレ

 

トイレの奥には、縦に走る配管があるため、室内が狭くスペースが限られてしまっているため、現行便器のサイズが合わない状態です。

配管を延長すれば現行便器の設置が可能なのですが、そうしてしまうと便器正面と壁のスペースがほとんどなくなってしまいます。
そのため、お客様の要望もあり既存の便器をそのまま使うことになりました。

水漏れの対処として、床張替えと同時にトイレタンク内器具交換、お客様のお話ではウォシュレットは使用していないとのことでしたので、便座を通常のものに交換させていただくことに。

便器と配管
便器とその奥の縦配管
便器
便器正面と壁のスペースが狭い


床の構造は、張り付けられたクッションフロア(以下:CF)の下に下地合板、その下にザラ板があります。

まずは便器を外し、CFを剥がします。
CFとザラ板との間の下地合板が見えてきました。
下地合板が腐食してボロボロになっています。この状態ではいつ階下の部屋に漏水してもおかしくない状態です。

 

ボロボロになった状態の下地合板を剥がしていきます。

便器、CF撤去図
便器を外し、CFを剥がした図
腐食した下地合板
腐食した下地合板を剥がす

 

腐食した下地合板をすべて剥がし、ザラ板がむき出しになった状態です。

ザラ板
下地合板の下のザラ板

 

ザラ板はしっかりした状態だったのでその状態を維持し、約三時間かけて新しい下地合板を張っていきます。

下地合板
張り直した下地合板

 

張り直した下地合板の上に新しいCFを約1時間程度かけて貼っていきます。

クッションフロア
CFが貼られた状態

 

クッションフロアの踏み心地が不自然なまでにふわふわした感触になっている場合、水漏れが原因で下地合板やザラ板が腐食してボロボロになっていたり、水漏れが起きておらず、腐食が起きていない場合でも板が割れていることが原因だったりと、様々な場合があります。

気になったら専門家にご相談を!

CFの貼り換え後、便器を元の位置に設置します。
タンク内器具を交換し、水漏れがないかチェックします。

そして無事、水漏れもなく、これにて作業完了です。

施工後のトイレ
リフォーム施工後
施工前トイレ
施工前