【藤沢市】マンションにて給湯暖房器の交換工事を行いました。

藤沢市のマンションのパイプスペース(以下PS)に設置されている給湯暖房器の交換工事を行ってまいりました。

古い給湯器は東京ガスの「FT-368RSA9-AW6Q」の型番の給湯暖房器です。
これは、ノーリツがOEMで作っている製品で、ノーリツとしての型番は「GTH-2413AWXH-H」という型番のものになります。
新しく設置する給湯暖房器は、同じくノーリツ製の「GTH-2444AWX6H-H-1」です。上記機種の後継機種となります。

こちらのPSでは、排気の管が上に伸びており、マンションの外壁から排気ができるようになっていました。
ですので、給湯暖房器も上方排気のものを設置します。

text
古い給湯器の「GTH-2413AWXH-H」
text
給湯器下部の配管

まずは古い給湯器を撤去していきます。
配管部分の接続を切ったあと、固定を外して撤去します。
今回の給湯器は暖房機能を搭載している型なため重量がかなりあり、かつPS内という作業のしずらい位置のため二人がかりでの作業となりました。

text
旧給湯器取り外し
text
取り外し後の配管部

古い給湯器を取り外しました。
PSのサイズに合わせるため専用の枠をPSと給湯器の間に設置している方式でしたが、作業のしやすさを鑑みた結果いったん枠ごと取り外して作業を行いました。

text
撤去した旧給湯器
text
新しい給湯器を設置後。配管施工中。

新しい給湯機を設置し、配管や配線を再接続していきます。

text
新しい給湯器設置完了
text
前面カバーを取り付け

前面カバー等を取り付けた後、試運転を行い問題がなければ作業完了となります。

アールシーワークスでは、サイズや排気方向等、マンションによって細かく違うPS内の給湯器も問題なく交換工事が行えます。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。