横浜・川崎のポンプ修理・交換、貯水槽の清掃・管理なら

0120-24-8909

磯子区で給水ポンプ交換をおこないました

今回は横浜市磯子区の雑居ビルで、給水ポンプの交換をおこないました。
現場は3階建で、受水槽設置場所は1階店舗床下(地下) ポンプ設置場所1階のポンプ室でした。

既存のポンプは、1階ポンプ室にテラルキョクトウの「AXS-PCL503-53.7DL」、
地下の受水槽内部に、上階のポンプ室への揚水用の水中タービンポンプ、シントーの「50TUAB-3.73-5」が

余談ですがテラルキョクトウは老舗のポンプメーカーで「極東機械製作所」→「テラルキョクトウ」→「テラル」ということで現在はテラルという社名となっています。シントーも現在は「テラル」です。

交換する新規ポンプは荏原製作所 「エバラフレッシャー 50BIRME53.7A」です。これは50BIRMD53.7Cの後継機となります。
この機種は、吸上げ:吸込全揚程-6m、吸込実揚程-4.5m以内の揚水能力があるので、既存の水中タービンポンプは撤去しました。

旧ポンプです

旧ポンプです
 

水中タービンポンプです。水をすべて抜いたのち、今後は必要ないので配管ごと撤去します。

水中タービンポンプです。水をすべて抜いたのち、今後は必要ないので配管ごと撤去します。

交換後のポンプは地上型のためタンク内の取水部にフート弁(逆止弁)を取り付けた配管を設置します。

交換後のポンプは地上型のためタンク内の取水部にフート弁(逆止弁)を取り付けた配管を設置します。

新規ポンプです。

新規ポンプです。
 

新規ポンプを各配管に接続します。

新規ポンプを各配管に接続します。
 

ポンプ本体の交換を滞りなく終えたのち、2階店舗協力のもと試運転を開始。

ポンプ本体の交換を滞りなく終えたのち、2階店舗協力のもと試運転を開始。

配管内の空気を抜きながら圧力が上がるのを確認後、保温カバーを取り付けて作業完了です。

配管内の空気を抜きながら圧力が上がるのを確認後、保温カバーを取り付けて作業完了です。

作業は約8時間ぐらいで完了しました。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 横浜・川崎サービス対応エリア

    23区イメージ

    横浜市
    青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区・瀬谷区・都筑区・鶴見区 戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区

    川崎市
    麻生区・川崎区・幸区・高津区・多摩区・中原区・宮前区

  • オーナー・管理者様

    オーナー・管理者様

  • 会社概要

    会社概要

  • お問い合わせ

    お問い合わせ

0120248909

上に戻る
0120-24-8909

横浜本社
〒236-0051 横浜市金沢区富岡東3-12-8
東京営業所
〒152-0002 東京都町田市高ヶ坂2-9-3

ビル設備365は横浜・川崎をカバーしています。
ポンプや貯水槽のトラブル・管理などご相談がありましたら、ビル設備365までお電話ください。スタッフが現地調査にお伺いし、お客様に最適なお見積もりをご提示いたします。現地調査・お見積もりは無料となっております。

© 2020 ビル設備365【横浜・川崎】. All rights reserved.. All rights reserved. Theme Design by Garage-Labo