横浜・川崎のポンプ修理・交換、貯水槽の清掃・管理なら

0120-24-8909

【大和市】給水ポンプユニットの交換工事

今回は大和市にて給水ポンプユニットの交換を行ってまいりました。
マンションに設置されているポンプユニットで、裏手の屋外に設置されていました。

屋外に設置されていますが、木材と波板で作られた簡易的なポンプカバーが使われていました。
ポンプユニットは制御盤などの機械的な部品も多いので、
しっかりと雨風を防ぐことが出来ないと寿命を縮めてしまうことがありますのでお気を付けください。

text

劣化した配管の保温材

text

新しく上から巻きなおしました

配管の保温材のキャンパステープが劣化していたため、上からまき直しを行いました。
キャンパステープが劣化し剥がれ落ちてしまうと、保温材内部に水分が侵入して劣化を速めてしまうほか、
配管自体の錆による腐食を早めたり、保温性能が落ちて管内の水の凍結による漏水や破裂のリスクが高まります。
定期的な点検で、劣化してしまった保温材は速やかに交換することをおススメいたします。

text

故障したポンプユニット

text

新しいポンプユニット

ポンプユニット本体を交換いたしました。
今回はポンプユニット自体のサイズの規格が同一のため、配管をし直す必要がなくそのまま本体のみを交換することができました。
設置後、試運転や漏水確認を行って問題がないかをチェックいたします。

text

古いポンプカバー

text

新しい正規品のポンプカバー

古いポンプカバーも、新しい正規のものに交換いたしました。
古いものは骨組みの木材が腐食し、ボロボロになっていました。
新しいものは金属製で隙間も少ないため保温性も高く、雨風の侵入も最小限に抑えることができます。
制御盤を操作するための開閉式の窓なども付いているため、操作性を損ねることもありません。
新しくポンプを設置する際は正規品のカバーを同時に設置することをおススメいたします。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 横浜・川崎サービス対応エリア

    23区イメージ

    横浜市
    青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区・瀬谷区・都筑区・鶴見区 戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区

    川崎市
    麻生区・川崎区・幸区・高津区・多摩区・中原区・宮前区

  • オーナー・管理者様

    オーナー・管理者様

  • 会社概要

    会社概要

  • お問い合わせ

    お問い合わせ

0120248909

上に戻る
0120-24-8909

横浜本社
〒236-0051 横浜市金沢区富岡東3-12-8
東京営業所
〒152-0002 東京都町田市高ヶ坂2-9-3

ビル設備365は横浜・川崎をカバーしています。
ポンプや貯水槽のトラブル・管理などご相談がありましたら、ビル設備365までお電話ください。スタッフが現地調査にお伺いし、お客様に最適なお見積もりをご提示いたします。現地調査・お見積もりは無料となっております。

© 2020 ビル設備365【横浜・川崎】. All rights reserved.. All rights reserved. Theme Design by Garage-Labo